ストレスによってPMSは悪化する

現代人は日々ストレスと戦っています。企業によるストレスチェックも間も無く国の方針で義務化されるのですが、そういう決まりができるほど、現代人にとってストレスとは切っても切り離せない存在になっています。しかし、このストレスというのは身体にさまざまな悪い影響があります。特に、女性については、生理に関連する部分での不調が生じるという大きな問題があります。PMSというのも、そうした不調のひとつです。PMSは月経前症候群とも言いますが、生理そのものが原因ではなく、生理の前に不調になるというもので、主だった症状として、頭痛、腹痛、イライラなどがあります。これを生じさせ、さらに悪化させる原因のひとつが仕事やプライベートなどで起こるストレスというわけです。症状のひとつにイライラがあると書きましたが、当人からすると、身体が原因で起きているイライラなのか、精神面から起こるイライラなのかもよくわからず、ただただヒステリックになったりしてしまうのです。ストレスというのは解決がなかなか難しいものなのですが、適宜毒を抜くために旅行するなど、自分なりの工夫である程度軽減できます。軽減することでPMSも軽くなりますから、真剣に向き合う必要はあると言えるのです。

 

参考:チャットレディ
チャットレディなら好きな時だけ働けるので体調に合わせて出勤可能です。チャットレディの求人を集めたサイトですので是非ご覧下さい。

PMSを放置するのはよくない

PMSは病気ではありませんし、生理が始まってしまえば落ち着くため、我慢して過ごしている女性も多いのではないかと思います。そもそも治療法もこれといってないので、我慢以外の方法を考えたことがない、という人も多いのではないでしょうか。しかし、PMSをそのまま放置すると、さまざまな面でよくありません。まず、度重なる身体の負担から、生理不順が進むことがあります。妊娠しにくくなるなど、ひどい症状になることもあります。こうした身体の面での問題のほか、単純に日常生活に悪い影響が出ることもあります。例えば、イライラして家族を怒鳴ってしまったり、仕事の取引先に暴言を吐いてしまったり。また、そこまでいかなくても、普段できていることがうまくできなくなったり、ミスが増えたりすることもあります。それをPMSのせいだとはなかなか言えることではありませんし、言ったところで、治るわけでもありません。ですので、どうせ病気ではないからと放置したりせず、改善する努力はしましょう。医師に相談すれば、当座の処方薬としてピルを出してもらえることもあります。根本的な治療への解決法を示してくれることもありますし、ずいぶんラクになるはずです。